« 新しい家族 | トップページ | はじめての病院 »

2006年7月25日 (火)

急変

5月30日

ピエールは食欲もあり、よく動いてました。
前日より白濁したようになり、目ヤニが出たのでさすがにおかしいと思いはじめました。
ネットで調べ、目をこする動作を頻繁にしていたので傷つけてしまったのだと考えました。

5月31日

食欲はあるものの目が開きにくくなっているようでした。
会社から帰ったら、購入したペットショップに連れて行こうと話し合い出勤。

仕事中もピエールのことが頭から離れず不安でいっぱいでしたが、この時はまだショップの人にみてもらえばなんとかなる程度の症状だと思っていました。

帰宅してみると朝とは全く様子が違い、膿のような目ヤニで目がどうなっているか分からなくなっていました。
パニック状態でロバちゃんを呼び、病院に電話をしてもらいました。
診療時間に間に合わないこともあったのですが、購入して間もないということで今日のところはペットショップで対応してもらったほうがよいのではと言われ、慌ててペットショップへ。

経過を説明すると、店員さんが簡単な処置といろいろな説明をしてくれました。
逃げている感じの話し方に不信感。
毎日温浴して目を洗って、良くならなかったら失明するかも…では泣きたくなります。
立場があるのでしょうが、正直に病院に連れて行った方がいいって言ってほしかったです。

|

« 新しい家族 | トップページ | はじめての病院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133898/2790126

この記事へのトラックバック一覧です: 急変:

« 新しい家族 | トップページ | はじめての病院 »